日本の介護施設の現状として、人手不足に陥っている場所がほとんどを占めているといっても過言ではありません。

人手不足になっている実情から、介護系の求人数はアルバイト・正社員問わず溢れており、就職や転職したい人にとって注目されている状況です。人手不足によって積極的に採用している介護施設も多く、他の職業でなかなか就職や転職出来なかった人でも、採用される可能性が十分あります。
では、なぜ人手不足が深刻化しているのでしょうか。
その原因の1つとして、高齢者の急激な増加が挙げられます。

日本は超高齢社会となっており、年々高齢者の割合が増えています。
日本は医療技術も高く、さらに食も豊かなので、長生き出来る環境が整っています。その影響もあり、高齢者がどんどん増えているのです。
高齢者が増えているという事は、それだけ介護職員の数も必要になり、結果的に人手不足となっているのです。
この状況を打開するためには、介護現場のきついイメージを払拭する必要があります。介護職の素晴らしさを多くの人に伝えることも大事ですが、それ以上に働きやすい環境をつくることが重要です。実際に現場で働く人たちが、「安定した収入を得て快適に働ける」ということをリアルな口コミで広げることで、介護に興味を持つ若い人たちを増やしていく必要があります。

このような人手不足になっている今の状況は、今護を目指している人たちからすると大きなチャンスです。
大手介護施設や待遇が良い介護施設で働けるチャンスでもあり、早い内から自分が長期的に働ける介護施設に入社しておいた方がベターです。
ただ、人手不足といっても無資格で経験なしでは、入れる場所は限られてきます。

そのため、介護の資格取得のために、参考書で勉強をはじめたり、専門学校に行って勉強したり、と予め準備を万全にした上で転職活動をはじめた方がいいかもしれません。実際に勉強をしてみて、自分に向いているか向いていないかが見える場合もあるはずです。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 気になる施設のウラ事情. All Rights Reserved